委員長方針


2018年度 リーダーシップ委員会 事業計画

委員長 寺井 健二

【活動方針】

外部環境の変化に対して内部環境も対応していかなければなりません。環境の対応には人財育成がベースになり、リーダーシップが必要です。
リーダーシップの定義とは、①与えられた状況をプラスに変える力②成果を作り出す力③動機づけ能力とあります。リーダーシップを発揮するからこそ人財育成が進み、業績を向上させ理念、ビジョンの実現ができるのです。

(1) リーダーの資質とは?道徳的、論理的思考。意思の力。知識、誠実、真摯さ。などの要素があります。これらの資質を磨くために13の徳目朝礼、理念と経営の勉強会を活用し、会長方針である導入率100%を目指します。

(2)リーダーシップのスタイル、社員さんが動機づけされる理由はいくつかの要素があります。三重北会員の中から講師を選出し、それぞれのリーダーシップを学びます。そして自分のスタイルを分析し、社内での落とし込みをどのようにしていくかを決めていきます。そんな魅力ある委員会活動を行い、出席率70%を目指します。

(3)全国大会出場に向けての13の徳目朝礼チームのアドバイザー
   全国大会引率(北九州) 参加目標人数( 20 )名

【活動計画および予算】

《委員会》

日程 活動内容 場所 予算
1/22(月) 2017年度活動方針発表 鈴鹿 3,000
2/20(火) 合同委員会  
3/12(月) 人は何によって動機づけされるか?/マネジメント研修から 鈴鹿 3,000
5/24~25 全国大会 北九州 北九州 本会計
6/19(火) リーダーシップ要素と逆要素/マネジメント研修から 鈴鹿 3,000
7/23(月) 理念と経営を使ったリーダーシップ論 (山口講師) 鈴鹿 3,000
8/20(月) 理念と経営を使ったリーダーシップ論 (佐藤講師) 鈴鹿 3,000
9/18(火) 10月例会 松原講師 打ち合わせ 理念と経営勉強会 鈴鹿 3,000
11/20(火) 若手をまとめるリーダーシップ 論 (金 講師) 鈴鹿 3,000
12/17(月) リーダーシップの振り返り/ディスカッション 鈴鹿 3,000
    合計 24,000

《例会》

日程 活動内容 場所 予算
4/20(金) レクチャラー例会  世良レクチャラー 四日市 150,000
10/1(月) 講師例会(松原講師) 四日市 200,000
    合計 350,000

経営研究会について

2018年度


このページのトップヘ